月別アーカイブ: 2013年4月

チョッと気になる米国経済指標

米国の経済指標がここのところすこぶる良くありません。

米国の経済状況自体はリーマンショック以降上向いてきており、
ここまでたどり着いているのですが最近では増税の影響か、
財政の崖問題からの余波の影響か良く分からないですが、
あまりうまくいっていない様子ですね。

3月くらいまで続いていた米国経済指標の
好結果の影響がだんだんと薄れてきているような感じを受けます。

先週末の4月12日金曜日に発表された米国小売売上高の
結果を見ると前月比、除自動車ともに?0.4%とマイナス成長をしています。

マイナス成長をしているということは、
経済の落ち込みが始まっている
可能性も捨てきれないということになります。

この小売売上高の落ち込みを受けて、
ドル円では1円50銭強の落ち込みを見せました。

他のクロス円通貨も下落しているということから
リスク回避の円買いが進んだということになります。

最近の日銀政策で円が急落していた影響もありますが、
一つの指標発表でここまで落ち込むのは最近では
なかなか珍しいところですね。

今週もこの小売売上高の落ち込みを受けて
リスク回避の動きが続いていきそうという状況ですね。

今後の焦点としては、米国政府が次の一手で
どの政策を繰り出してくるかということになります。

米国政府の次の一手がどうなるかということを予想して
取り引きを進めるのが無難なようですね。