マージンコールの受け止め方

FXでロスカットされてしまうということは、

資金として用意したお金がパーになることです。

損をするためにFXをやっているのではないので、
資金として用意した証拠金を生かしながら
トレードを続けていかないと意味がないのです。

そしてロスカットされる前にFX会社によっては、
マージンコールと言って証拠金を追加して入金してください
というメールが届きます。

自分でこれはいける思ったトレードが
危ない状態であるとのFX会社からの連絡なのです。

そしてマージンコールが掛かったときには、

選択肢が2つあって、
証拠金を追加してトレードを続けるか、
あるいは損金をそれ以上増やさないために決済をするかです。

さてどちらを選ぶかですが、
負けを冷静に見つめて次のチャンスを掴むために、
その時点で決済をするべきだと思います!

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です